Spin the Black Circle

アナログレコード鑑賞記を中心に、映画や本など興味の向くままに語る、40代オヤジの独り言

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

連投で失礼します

連投で失礼します。ご迷惑でしたらごめんなさい。

ただいま期間限定で時間がたっぷりあるので、
朝から晩まで音楽を聴きながら、洋楽ブログを見たり、歌詞を訳したりすることを楽しんでいます。
たびたびこちらにお邪魔して、記事を堪能させていただいているのですが、
とくにこのMisfitsの歌詞が今の自分の気分と境遇に合っていて、
まるでレイ兄貴が自分に語りかけてくれるような錯覚に陥るほどです。
(Misfitsのアルバム自体はこの曲以外は未聴ですが)

この曲を聴き歌詞を読みたくて、日に何度もお邪魔して、励まされています。
そういう気持ちになる曲に出会わせていただき、いい歌詞を提供して下さった、ヒロオージさんに感謝します。
ありがとうございます。

Misfitsの記事とその他のキンクスの記事&訳詞、またドアーズの記事も楽しみにしています♫ 

2015.09.30  Kinks girl  編集

Re: 連投で失礼します

コメントはとても嬉しいです。忙しい時は返事が遅くなるかもしれませんけど。

アルバム"Misfits"は、順番で言うと最後のほうでいいかと思います。他に聴き応えのあるアルバムが沢山ありますし(例えば"UK Jive"とか)。個人的に、このアルバムに向き合うのにいい機会かな、という感触があって訳から始めた次第です。

'Misfits'という曲には、わたしも深くシンパシーを感じます。60年代の皮肉屋レイも大好きですが、年を重ねてより洞察の深くなった、この頃のレイも本当に大好きです。

もう少し、Misfitsの話が続く予定です。お付き合い頂ければ嬉しいです。

2015.09.30  ヒロオージ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Misfits

2015.06.23

category : キンクス



君は野原で寝ている、まるで死んでるかのように
悪ぶるが、捕まるようなことは出来ない
新しさを自慢するが、何処かで見たイメージ
人ごみ外れて迷子の君、まだ自分の道を進んでいる

夏は行ってしまった、と君は言う
冬が近づいてきている
人は言う、絶好調な日々ですら
君は絶対に周囲に溶け込めない
たとえ外が寒くとも
必ず夏はまたやってくる
よく言うように
誰にも最高の日があるんだ

君ははみ出し者、自らに怯え、逃げ隠れている
ずっとはみ出し者だったんだね
人ごみに混じって
溶け込む気はないかい
行先を見失ったように、この街を彷徨う君
いままでもチャンスはあったのに
君は、全部を投げ捨ててしまった
でもよく言うように
誰にも最高の日があるんだ

見なよ、あの敗者たち、狂った目の奴らを
見なよ、あの気狂い、悲しい目をした落伍者たちを
奴らはどうでもよくなって、生きるのを諦めている
だから、よく周りを見てごらん
そこらじゅうに居るだろ、はみ出し者たちが

これが君のチャンス、これが君の時間
だからもう投げ捨てないで
君にも最良の日が来るはず
皆が言うことは本当さ
誰にも最高の日があるんだ

君ははみ出し者
自らに怯え、逃げ隠れている
ずっとはみ出し者だったんだね
群衆に参加し、人と交わる気はないかい
この街を彷徨う君
まるで行先を見失ったように
今までもチャンスはあったのに
君は、全部を投げ捨てていた
人ごみ外れて迷子の君
まだ自分の道を進んでいる
- Ray Davies -
スポンサーサイト

コメント

連投で失礼します

連投で失礼します。ご迷惑でしたらごめんなさい。

ただいま期間限定で時間がたっぷりあるので、
朝から晩まで音楽を聴きながら、洋楽ブログを見たり、歌詞を訳したりすることを楽しんでいます。
たびたびこちらにお邪魔して、記事を堪能させていただいているのですが、
とくにこのMisfitsの歌詞が今の自分の気分と境遇に合っていて、
まるでレイ兄貴が自分に語りかけてくれるような錯覚に陥るほどです。
(Misfitsのアルバム自体はこの曲以外は未聴ですが)

この曲を聴き歌詞を読みたくて、日に何度もお邪魔して、励まされています。
そういう気持ちになる曲に出会わせていただき、いい歌詞を提供して下さった、ヒロオージさんに感謝します。
ありがとうございます。

Misfitsの記事とその他のキンクスの記事&訳詞、またドアーズの記事も楽しみにしています♫ 

2015.09.30  Kinks girl  編集

Re: 連投で失礼します

コメントはとても嬉しいです。忙しい時は返事が遅くなるかもしれませんけど。

アルバム"Misfits"は、順番で言うと最後のほうでいいかと思います。他に聴き応えのあるアルバムが沢山ありますし(例えば"UK Jive"とか)。個人的に、このアルバムに向き合うのにいい機会かな、という感触があって訳から始めた次第です。

'Misfits'という曲には、わたしも深くシンパシーを感じます。60年代の皮肉屋レイも大好きですが、年を重ねてより洞察の深くなった、この頃のレイも本当に大好きです。

もう少し、Misfitsの話が続く予定です。お付き合い頂ければ嬉しいです。

2015.09.30  ヒロオージ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©Spin the Black Circle. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。