Spin the Black Circle

アナログレコード鑑賞記を中心に、映画や本など興味の向くままに語る、40代オヤジの独り言

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1と9を繋ぐもの

2009.02.26

category : MUSIC

家の中で行方不明だった名著「ビートルズ/レコーディング・セッション」が、先日ひょっこり見つかって手元に置いていたのだけど、数日前のRevolution 1(Take 20)の突然の流出で、早速の出番です!

今回出現した音源は、「ビートルズの未発表音源流出!」ということで、世界中で話題になっているようです。NMEのニュースはこんな感じ

日本でもYahoo!の音楽ニュースで取り上げられました。リンクされていたYou TubeはEMIによって削除依頼が出されたようで、今は聴けないようです。

果たして今回流出の音源は、伝説の10分バージョンなのでしょうか?それとも誰かのフェイク?「レコーディング・セッション」の記述を元に、検証してみましょう。まずは、Revolution 1、そしてRevolution 9の製作過程を、日付を追ってまとめてみます。

1968/05/30(木)(この日がWhite Albumセッション初日) Revolution 1録音開始。18テイクまで録音。18テイクは既に10分の長さ。
05/31(金) 昨日のテイク18にオーバーダブを行い、テイク19を作成。
06/04(火) テイク19にテープループなどをオーバーダブ、テイク20を作成(これが今回流出とされたもの)。ラフなモノ・ミックス作成。
06/06(木) この日からRevolution 9の元となるサウンド・エフェクトを制作開始。
06/10(月) 引き続きRevolution 9のサウンド・エフェクト制作.
06/11(火) 上に同じ。暇な?ポールはBlackbirdを録音。
06/20(木) この日でRevolution 9ほぼ完成。
06/21(金) Revolution 1にブラスとリード・ギターを追加、テイク21からテイク22で完成。現在の長さに切られたのは、多分この日。ステレオ・ミキシングも行われる。Revolution 9もステレオ・ミキシング。
06/25(火) 21日のミキシングを手直し。Revolution 9は編集で若干短くなる。Revolution 1、Revolution 9共にステレオ・ミックスまで完成。
(本筋とは関係ないのですが、お役所のようだったというアビー・ロード・スタジオ、しっかり土日は休んでます)

今回流出の音源は、おそらく本物でしょう(多分6/20に作成されたモノ・ミックス)。6/21にオーバーダブされたブラスとギターが入っていないのが、一番本物っぽいポイントです。フェイクを作ろうとして右チャンネルのブラスと左チャンネルのギターだけを消すのは、かなり手間の掛かり(そして多分完全には消せない)、ちょっと偽とは考えにくい部分です。他にもジョンのスクリームなど、明らかにこの音はビートルズで、ちょっとフェイクで作れるような次元ではありません。

それにしても、この後半の混沌具合、恐ろしく素晴らしいですね。ただ、このエフェクトの入れ方は、1年半前録音のStrawberry Fields Foreverのエフェクト・コラージュを思い起こさせ、このままWhite Albumに入れるには少し時代遅れだったかもしれません。

既存の音源だけでは、Revolution 1とRevolution 9の関連性は判りにくい部分だったのですが、今回出た10分音源を聴いて下記ポイントを感じました。

・ Revolution 1からRevolution 9に明らかに流用されたのは、Revolution 9の7分少し前から始まる、ヨーコのモノローグを中心としたコラージュ部分(”You become naked”のセリフ部分まで)、この1点のみか。

・ Revolution 9の2:40過ぎから右チャンネルで聴こえる、ジョンの”al-right”のスクリームも多分Revolution 1からの流用だと思われるが、テイク20を聴いた限り、全く同様だと思われる部分が特定できなかった。Revolution 9のエフェクト作成時に、改めて録音された可能性も否定できない。

・ Revolution 1はテイク20が完成した段階で一段落しており、その後すぐジョンはRevolution 9の制作をスタートしている。恐らくRevolution 1のテイク19にテープループをオーバーダブした、テイク20の制作過程(6/4)の時点で、ジョンはこのテープコラージュを発展させて、もう1作品作る気になったのではないか。ということは、1と9は双子のような関係ではなくて、1が9を生み出したという親子の関係なのではないか。

・ Revolution 9の完成後にRevolution 1を短く切ったのは、重複している部分が後半にあったからか、またはコラージュ的な音は9だけで十分だと思ったからか。

マニアの方々は既に判ってるようなポイントかもしれませんが、今回既出2音源と新音源をじっくり聴いてみて、何か改めて上のようなことを感じでしまいました。中途半端なものの感想なので、違ってる解釈などあればご指摘下さると嬉しいです。

それにしても、何で急に音源が出たのでしょうか?マニアでは前から出回っていたものなのでしょうか?これをきっかけに、Helter Skelterの27分バージョン出てこないかなぁ…。
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

Copyright ©Spin the Black Circle. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。